先制攻撃【せんせいこうげき】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
先制攻撃

【読み方】
せんせいこうげき

【意味】
相手が攻撃してくるよりも先に、相手を攻めること。

【語源・由来】
「先制(せんせい)」とは、相手よりも先に攻撃して有利な立場に立つこと。

【類義語】
・先手必勝(せんてひっしょう)

【対義語】

【英語訳】
preemptive attack [strike].


先制攻撃(せんせいこうげき)の使い方

ともこ
健太くん、ミーティングは終わったの?ずいぶん時間がかかっていたみたいだけど、問題でもあったの?
健太
明日の対戦相手は、今まで一度も勝ったことがないだろう。だから、今回は作戦を変えてみようと話し合っていたんだ。
ともこ
いい作戦が思いついたのかしら?
健太
先制攻撃をしかけて、一気に流れを引き寄せる作戦に決まったよ。今度こそ、勝ちたいからね。

先制攻撃(せんせいこうげき)の例文

  1. 先制攻撃を仕掛けようと進んでいた部隊が見つかり、作戦よりも早く攻撃が始まってしまった。
  2. こちらの国から先制攻撃を仕掛けたと思っているようだが、実際には相手が攻撃してきたことから、この戦いは始まってしまったんだよ。
  3. 次の対戦相手は、先制攻撃が常套手段だから、こちらが先に攻撃を仕掛けてはどうだろう。
  4. この試合の勝因は、先制攻撃でひるんだ隙を狙って、攻め続けることに成功したことだろう。
  5. 先制攻撃を仕掛けたことで、相手もなんらかのダメージは受けているだろう。このまま、作戦を実行しよう。

まとめ

先制攻撃というように、相手からの攻撃よりも早く攻めるという作戦が、必要な場合もあるのではないでしょうか。
相手が油断していたり、攻撃にひるんだ隙に攻めることで、勝利を手に入れることができるのではないでしょうか。
相手や状況に合わせて、作戦を立てることは大切なことですね。
しっかりと作戦を考えることで、成功を手に入れたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事