心地光明【しんちこうめい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
心地光明

【読み方】
しんちこうめい

「しんち」は「しんじ」とも、「こうめい」は「こうみょう」とも読む。
日本漢字能力検定
5級

【意味】
心が清らかで正しく広いこと。

【語源・由来】
「心地」は心・精神のこと。「光明」は仏の心身から放つ明るい光のこと。

【類義語】
・公平無私(こうへいむし)
・公明正大(こうめいせいだい)
・大公無私(たいこうむし)


心地光明(しんちこうめい)の使い方

健太
ともこちゃんは、いつも自分の利益を最優先に考えることをせずに、公正な判断をするよね。
ともこ
公正な判断の先に、自分の利益がついてきたら、うれしいじゃないの。
健太
自分の利益がグリコのおまけみたいな扱いだなんて、ともこちゃんは本当に心地光明な女性だよね。
ともこ
ほめてくれてありがとう。

心地光明(しんちこうめい)の例文

  1. ともこちゃんは、心地光明だから捨て猫を見ると無視できないので、一生懸命、大事にしてくれる里親を探します。
  2. 健太くんは心地光明なので、空手部の後輩たちから尊敬され慕われています。
  3. この小説は、心地光明な主人公が悪い上司と戦い勝利する痛快なお話なんです。
  4. 心地光明な健太くんは、社会に出ても信頼されるでしょう。
  5. あの会社の社長は心地光明だからなのか、彼を慕っていい社員が集まるんですよね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事