深山窮谷【しんざんきゅうこく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
深山窮谷

【読み方】
しんざんきゅうこく

【意味】
人が立ち入らない、奥ふかい山とふかい谷。

「深山」は、奥ふかい山。おくやま。みやま。「窮谷」はふかい谷。

【語源・由来】
『春秋左氏伝』「昭公四年」

【類義語】
・窮山幽谷(きゅうざんゆうこく)
・深山幽谷(しんざんゆうこく)


深山窮谷(しんざんきゅうこく)の使い方

健太
ともこちゃんにお兄さんがいるって噂に聞いたんだけど本当?
ともこ
そうなの。人が嫌いで深山窮谷に住んでいるから、あんまり話題に上らないんだけど、いるのよ。
健太
深山窮谷にいるんだね。ともこちゃんとは長い付き合いなのに、全然知らなかったよ。
ともこ
別に隠すことでもないけど、あえて言うことでもないからね。

深山窮谷(しんざんきゅうこく)の例文

  1. ともこちゃんは、人気が無い、深山窮谷の静けさが好きだ。
  2. 健太くんは人付き合いを嫌って深山窮谷に家を建てたが、クマが頻出するので困っている。
  3. 空手道を極めようと考えている健太くんは、深山窮谷で修行をしている。
  4. 深山窮谷には仙人がいるという噂だ。
  5. 動物たちの楽園だった深山窮谷が、人間の身勝手さで開発されてしまった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事