含哺鼓腹【がんぽこふく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【四字熟語】

含哺鼓腹

【読み方】

がんぽこふく

日本漢字能力検定
1級

【意味】

人々が豊かで、太平な世を楽しむたとえ。食べ物を口に含み、満腹になって腹つづみをうつこと。

【語源・由来】

中国戦国時代の思想家・荘子の著書『荘子・馬蹄』より。
「哺」は口に含んだ食べ物。「含哺」は食べ物を口にほおばることで、満腹という意味から。
「鼓腹」は腹つづみをうつということから。

【類義語】
・鼓腹撃壌(こふくげきじょう)

【英語訳】
・feed food and fill the stomach to the full a scene of light heartedness of the people in times of peace
・with food in the mouth and belly well-filled

【スポンサーリンク】

含哺鼓腹(がんぽこふく)の使い方

健太
去年一緒に発展途上国へボランティアに言ったことを覚えているかい?その時に知り合ったジョンから手紙が来たよ。
ともこ
あら、それは良いわね。私はアンと手紙のやり取りをしているわ。二人とも元気そうで何よりだわ。
健太
ああ、本当にね。ボランティアにいってから、世界平和について深く考えるようになったけれど、やはり飢餓の状況がある有様は、凄惨な状況にあることが分かったよね。
ともこ
本当にそうね。世界中の人々が何不自由なく、含哺鼓腹する世界が実現できれば、もっと平和な未来になると思ったわ。日本は宝飾と言われているから、なにか良いシステムが出来ないものかしら。

含哺鼓腹(がんぽこふく)の例文

  1. 日本は他の国から見れば、含哺鼓腹に見えることは間違いないだろう。
  2. 発掘した遺跡から見るに、あの時代の彼らは含哺鼓腹を謳歌していたらしい。
  3. 含哺鼓腹な時代しか生きたことのない私たちにとって、戦争など想像できない。
  4. 今がいくら含哺鼓腹だからといって、いつ状況が変わってしまうか分からないから備えておくべきだ。
  5. 自分自身が含哺鼓腹な人生だとわきまえている人は少ない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事