生死不定【しょうじふじょう】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
生死不定

【読み方】
しょうじふじょう

「生死」を「せいし」と読み誤らない。

【意味】
いつ生まれて、いつ死ぬのかは、わからないということ。また、仏教のことばとしては、人生は、はかなくむなしいものだという意味。

「不定」は、仏教のことばでは、はかなくもろいこと。無常。

生死不定(しょうじふじょう)の使い方

ともこ
健太くん。いつになったら真剣に勉強するの?
健太
生死不定っていうでしょう?今を楽しまないといつ死ぬかわからないじゃない。
ともこ
頭が悪いまま100年生きることになったら、それこそ大変よ。
健太
そろそろ勉強し始めます。

生死不定(しょうじふじょう)の例文

  1. 生死不定とはいえ、朝元気に出勤した主人が亡くなるなんて。
  2. 人間の一生は、生死不定で実に儚いものだ。
  3. 人生、生死不定でどんなにお金持ちでも偉人でも、死ぬ日を予想することはできない。
  4. 生死不定というから、でるだけ善行を積んでおきたい。
  5. 一寸先は闇、生死不定だから、一瞬一瞬を大事に一生懸命生きよう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事