秋風冽冽【しゅうふうれつれつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
秋風冽冽

「冽冽」は、「洌洌」とも書く。
「烈烈」と書きちがえない。

【読み方】
しゅうふうれつれつ

【意味】
寒々と吹く秋風のように、厳しく冷たいこと。

「冽冽」は、風や寒さが厳しいさま。

【語源・由来】
『文選』左思「雑詩」


秋風冽冽(しゅうふうれつれつ)の使い方

健太
今日は、秋風冽冽たる朝だね。手が冷たくて痛い。
ともこ
そろそろ手袋が必要な時期ね。
健太
残暑が長かった分、一気に冬に突入しそうだね。
ともこ
暑いのも寒いのもいやだわー。

秋風冽冽(しゅうふうれつれつ)の例文

  1. 健太くんの浮気を知ったともこちゃんは、秋風冽冽たる態度を取った。
  2. 朝から秋風冽冽な寒空で、外出する気が起こらない。
  3. 天気予報では、今日から来週にかけて、秋風冽冽の日々というからコートを出そう。
  4. 秋風冽冽たる夜、こんな日はまっすぐ家に帰りたいが、屋台でおでんもいい。
  5. 生ぬるい南風から、秋風冽冽な北風に変わり、本格的な秋の到来だ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事