春蘭秋菊【しゅんらんしゅうぎく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
春蘭秋菊

「春蘭秋菊、俱に廃す可からず」の略。「いずれ菖蒲か杜若」と同意。

【読み方】
しゅんらんしゅうぎく

【意味】
春の蘭と秋の菊。花の時期は異なるものの、どちらもそれぞれに美しいということ。転じて、いずれもすばらしく、優劣を付けがたいことのたとえ。

【語源・由来】
『楚辞』礼魂


春蘭秋菊(しゅんらんしゅうぎく)の使い方

ともこ
ねえ。健太くん。あの子と私どっちがきれい?
健太
春蘭秋菊で決めることができないなあ。どっちもきれいだよ。
ともこ
ええーっ。健太くん。本当はどっちかがきれいだって思っているんでしょう?
健太
ともこちゃん。顔が怖いよ。ともこちゃんの方が断然きれいだよ。

春蘭秋菊(しゅんらんしゅうぎく)の例文

  1. 予算上、どちらかしか買えないが春蘭秋菊、迷うなあ。
  2. 最後に残った二人は春蘭秋菊、どちらが主演に選ばれてもおかしくない。
  3. ともこちゃんの心をこの目で見ることができるならば、きっと春蘭秋菊のごとき美しく澄み切った心なのだろう。
  4. 生徒の作品は春蘭秋菊なので、この中から金賞を一人選ぶのは難しい。
  5. ともこちゃんと健太くん、甲乙つけ難し、春蘭秋菊とはこのことだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事