至大至高【しだいしこう】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
至大至高

【読み方】
しだいしこう

【意味】
これ以上ないほど大きく高いこと。

「至」は、この上なく、の意味で、「大」「高」をそれぞれに強調する語。

【類義語】
・最上無二


至大至高(しだいしこう)の使い方

健太
富士山は、至大至高だね。
ともこ
日本ではね。
健太
あれだけ人の心を揺さぶる山は、世界広しといえど無いと思うよ。
ともこ
そうね。少なくとも私の心に富士山が与えた影響は、至大至高だったわ。

至大至高(しだいしこう)の例文

  1. ともこちゃんの作品は、世界に至大至高の感化を与えた。
  2. 健太くんにとって空手の師匠は、至大至高な存在だった。
  3. ともこちゃんは、健太くんに大きな影響を与えた偉大な人、まさに至大至高といえる。
  4. 菅原道真は、生存中至大至高だったためか、死後神格化された。
  5. 至大至高なともこちゃんに、少しでも近づきたいという思いから、健太くんは勉強を頑張っている。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事