四六時中【しろくじちゅう】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
四六時中

【読み方】
しろくじちゅう

【意味】
昼夜にわたって何かが行われること。始終。

「四六時」は積算(4×6)で二十四時間を示します。「中」は「その間ずっと」を意味します。
「二六時中」の新しい言い方です。昔、一日を昼六刻、夜を六刻に分けていた名残でこのように表します。

【類義語】
二六時中(にろくじちゅう)

【英語訳】
・always
・day and night
・all the time

【スポンサーリンク】

四六時中(しろくじちゅう)の使い方

健太
このシューティングゲーム、最高に面白いな!
ともこ
あら、まだゲームをやってるの? いい加減にしなさいよ。
健太
ちょっとくらいいいじゃないか! 四六時中うるさく言ってさぁ。
ともこ
ゲームばかりやっていると宿題をやる時間が無くなるわよ!

四六時中(しろくじちゅう)の例文

  1. 彼は四六時中、それこそ寝ても覚めてもそのことを考えていました。
  2. 四六時中そんな風に言われたら、どんな人でも性格が悪くなるだろう。
  3. 選挙に立候補するとなれば、四六時中有権者へあいさつ回りしなくてはならないのだ。
  4. とにかくその女は四六時中人の悪口を言って歩くのだ。

まとめ

「四六時中」と「一日中」、この2つの言葉は同じ意味なのですが、言葉の持つ重みというのでしょうか、意味まで違って感じます。おそらく、それが言葉の持つ雰囲気、つまり語感と言うものなのかも知れません。

この「語感」を新明解国語事典で調べると「言葉の持つ中心的な意味のほかにその言葉からくみ取れる『きれい』や『汚い』などの感じや、相手にどのように受け取られるか、という響きなどをも含めた、その言葉から受ける印象」と記載されています。

同じ二十四時間を示している二つの言葉ですが、断然「四六時中」の方が、「間断なくずっと」「絶えず」という意味合いが勝っているように感じるのです。この場合、国字が表意文字であることから、この漢字の並びを見ただけで、大くの人は時間をはっきりと意識するのかも知れませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事