孜孜不倦【ししふけん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
孜孜不倦

【読み方】
ししふけん

「孜孜として倦まず」とも読む。

【意味】
途中でやめることなく、こつこつと努力をし続けること。

【語源・由来】
『書経』「益稷」より。


孜孜不倦(ししふけん)の使い方

健太
人間国宝って年をとった人が多いよね。
ともこ
そうね。何か一つのことをきわめるには、何十年と孜孜不倦、不断の努力をしなくてはならないんでしょうね。
健太
僕も人間国宝になることができるかな。
ともこ
健太くんが、おじいちゃんになるまで孜孜不倦をしたらなれるかもしれないわよ。

孜孜不倦(ししふけん)の例文

  1. 毎日三十分机に向かって、孜孜不倦すれば、0点ばかりの健太くんも100点を取ることができる日がやってきます。
  2. 千里の道も一歩から、腹筋を毎日五回ずつ増やして、孜孜不倦すれば、二年後にはサイヤ人みたいなおなかになっていますよ。
  3. 自分はだめだとあきらめずに孜孜不倦した結果、運動音痴だった私がレギュラー入りすることができました。
  4. 神様は、孜孜不倦している人を決して見捨てないと思う、必ず努力は報われます。
  5. 孜孜不倦を心掛けていれば、なせないことはないんです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事