車轍馬跡【しゃてつばせき】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
車轍馬跡

【読み方】
しゃてつばせき

【意味】
政治を行う人が全国の隅から隅まで巡り歩くこと。

【語源・由来】
「春秋左氏伝」昭公一二年より。「車轍」は通った跡に残る車輪の跡。「馬跡」は馬が通った跡に残る蹄の跡のこと。昔の政治家は、監督のために馬車で全国を巡り歩いたために、通った後に車輪や蹄の跡が残されたということから。


車轍馬跡(しゃてつばせき)の使い方

健太
衆議院選挙で全国を車轍馬跡した距離の総計で、一番すごかった党首が、15000kmだったんだって。
ともこ
すごいわね。学校のマラソン大会が5kmでしょう?15000kmだなんて想像もつかないわ。
健太
こんなに移動して応援していたら、きっと声が枯れてでなくなるよね。
ともこ
そうね。距離と比例して議席がとれたら本望でしょうね。

車轍馬跡(しゃてつばせき)の例文

  1. 北海道から沖縄まで支援を求めて車轍馬跡しました。
  2. 車轍馬跡の労を厭うた党首から人心が離れていきました。
  3. 車轍馬跡の途中でこの町にも首相が来るようですよ。
  4. 敵地を重点的に車轍馬跡しました。
  5. 隅から隅まで車轍馬跡し、自分たちの考えを訴えかけました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事