生老病死【しょうろうびょうし】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】

生老病死

【読み方】

しょうろうびょうし

【意味】

生まれること、老いること、病むこと、死ぬことの四つの苦をあげた言葉。人生における免れない四つの苦悩のこと。

【語源・由来】

四苦ともいい、また、四天使ともいわれる仏教語から。

【類義語】
・四苦八苦(しくはっく)

【英語訳】
・the four inevitables in human life (birth、aging、sickness、and death)

この「四苦」における「苦」とは、「苦しみ」のことではなく「思うようにならない」ことを意味しています。
また「生老」を「せいろう」と読むのは誤りなので、注意が必要です。
【スポンサーリンク】

生老病死(しょうろうびょうし)の使い方

健太
生老病死は人の常で、抗う事は出来ないのだから、僕は後悔しないようにやりたい事をやって生きたいね。
ともこ
その姿勢はとても素敵だと思うわ。具体的にはどのような人生を送りたいと考えているの?
健太
そうだね。僕はとにかくサイクリングが大好きなんだ。自転車で風を切ると清々しい気持ちでいっぱいになるんだ。そんな愛しの自転車と世界旅行に行きたい。
ともこ
それは素敵な夢ね。そのためには自転車の技術はもちろん、外国語にも精通しないといけないわね。さぁ、勉強勉強。

生老病死(しょうろうびょうし)の例文

  1. 生老病死は人には操れないものであるから、成り行きに任せて生きていく方が、心が楽になるだろう。
  2. 仏教の生老病死という考え方にとても共感した彼は、そのまま出家をし僧侶への道を目指し日々修行している。
  3. 生老病死の苦の元に人間は生まれているのは運命であるから、それを受け入れなければならないのである。
  4. 生老病死という一見重そうなテーマも、天才映画監督の彼の手にかかればあっという間にユーモア溢れるの見込みやすい物語となる。
  5. 生老病死は人間にとって避けられない現実であるから、逆にそのように執拗に怖がる事も無いのである。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事