終南捷径【しゅうなんしょうけい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
終南捷径

【読み方】
しゅうなんしょうけい

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
終南山には仕官への近道がある。また、正規の段階をふむことなく官職につく法をいう。終南山に隠居して隠者のふりをすると名を世に知られ士官の道が得やすいという意味。

【語源・由来】
『新唐書』「盧蔵用伝」より。「終南」は長安の南にある終南山。「捷径」は最短距離・はやみち。

【類義語】
・南山捷径(なんざんしょうけい)


終南捷径(しゅうなんしょうけい)の使い方

ともこ
健太くんのお兄さんは、あの大手の広告代理店に入社したんでしょう?すごいわよね。
健太
ここだけの話、兄さんは、いわゆる終南捷径、コネを使って入社したんだよ。
ともこ
そうだったの?コネのある人はいいわね。健太くんも、大企業の会社員になることができるのね。
健太
僕は成績が悪すぎてコネを使わせてもらうことができないんだ。

終南捷径(しゅうなんしょうけい)の例文

  1. 出世レースで勝ち、終南捷径で入社してきた恵まれたやつらを見返してやるんだ。
  2. 健太はできが悪いから、終南捷径、コネを使って入社させてもらうしかないだろうな。
  3. 彼が希望の部署に配属されたのは、終南捷径、幹部である叔父の力だと言われています。
  4. あの会社は、終南捷径、コネのある人だけを採用すると明言しています。
  5. 健太が合格するなんて、終南捷径、コネで加点してもらったに違いない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事