多岐多端【たきたたん】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
多岐多端

【読み方】
たきたたん

【意味】
多方面にわたって、仕事が多くて忙しいこと。

【語源・由来】
「多岐」は枝道が多いこと。転じて多方面。「多端」は、仕事が多いこと。「端」は、糸口。「岐」「端」それぞれに「多」を添えて意味を強めたことば。

【典拠・出典】

【類義語】
・俗謡多端(ぞくようたたん)
多事多端(たじたたん)
多事多難(たじたなん)


多岐多端(たきたたん)の使い方

健太
ともこちゃん。忙しそうだね。
ともこ
生徒会の仕事に部長の仕事、先生に言われる雑用と多岐多なのよ。
健太
代わってあげたいところだけれども、僕の能力じゃ無理だね。
ともこ
その気持ちだけでありがたいわ。

多岐多端(たきたたん)の例文

  1. 健太くんの仕事は、多岐多に渡っています。
  2. ともこちゃんほど多岐多に渡っているひとはいないだろう。
  3. 健太くんは多岐多で、ぼんやり考える暇もない。
  4. 多岐多な毎日を何年も送ってきたともこちゃんは、体調を崩しました。
  5. 健太くんは、多岐多に渡る仕事をすこしずつ整理しているようです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索