短慮軽率【たんりょけいそつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
短慮軽率

【読み方】
たんりょけいそつ

日本漢字能力検定
4級

【意味】
思慮が足りず、軽はずみなこと。

【語源・由来】
「短慮」は考えが浅はかなこと。「軽率」は軽はずみという意味。

【類義語】
・軽佻浮薄(けいちょうふはく)
・軽佻浮華(けいちょうふか)


短慮軽率(たんりょけいそつ)の使い方

ともこ
健太くん。またけがをしたの?行動が短慮軽率すぎるのよ。
健太
そうだよね。いつも痛い目に遭ってからやめておけばよかったと後悔するんだけど、すぐにその反省を忘れてしまうんだよね。
ともこ
もっとしっかり自分の行動を振り返って反省した方がいいわよ。
健太
ごもっともです。

短慮軽率(たんりょけいそつ)の例文

  1. 政治家の発言や行動は、短慮軽率であってはいけません。
  2. 健太くんの行動は短慮軽率、騒動を起こし巻き込まれる周りの僕たちの気持ちを考えてみてほしい。
  3. 短慮軽率なともこちゃんは、行動する前に立ち止まって考える癖をつけるべきです。
  4. 大失敗をしてから、客観的に自分の行動を見て、短慮軽率な行動をやめる努力をしています。
  5. 短慮軽率な健太くんは、よく思いつきで発した発言で人を傷つけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事