鉄腸石心【てっちょうせきしん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】
鉄腸石心

【読み方】
てっちょうせきしん

【意味】
強い精神、堅い意志のたとえ。

【語源・由来】
鉄や石のように強く、堅い心臓や胃腸という意味。「心」「腸」は内臓で心や石のたとえ。

【典拠・出典】
皮子文藪』「桃花譜序」

【類義語】
堅忍不抜(けんにんふばつ)
・鉄意石心(てついせきしん)
・鉄肝石腸(てっかんせきちょう)
石心鉄腸(せきしんてっちょう)
鉄心石腸(てっしんせきちょう)
・鉄石心腸(てっせきしんちょう)


鉄腸石心(てっちょうせきしん)の使い方

健太
先生に、健太は空手に向いていないって言われたんだ。
ともこ
健太くん!空手が好きなら人の意見に流されずに、鉄腸石心を持って取り組むべきだと思うわ。
健太
そうだよね。こんなに空手が好きなんだから、自信を持ってがんばってみることにしよう。
ともこ
そうよ。空手を愛する気持ちは誰にも負けないわ。

鉄腸石心(てっちょうせきしん)の例文

  1. 健太くんの決意は鉄腸石心、決して揺るがないでしょう。
  2. 留学したいというともこちゃんの思いは鉄腸石心、どんなことがあっても変わりません。
  3. 鉄腸石心をもって努力すれば、その先の未来は明るいものになります。
  4. ほかに気をとられることなく鉄腸石心を胸に目標に向かって歩み続ける。
  5. 鉄腸石心持ち主である健太くんは、炎上しても気にしない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索