天然自然【てんねんしぜん】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】
天然自然

【読み方】
てんねんしぜん

【意味】
人が手を加えないで、物事がそのまま存在することを表す語。

【語源・由来】
天が作ったそのままの状態のこと。
ひとりでに物事が起こること。

「天然」も「自然」も、人為の加わらないあるがままという意味。
類義の語を重ねて、意味を強調している。

【類義語】
・自然天然(しぜんてんねん)

【スポンサーリンク】

天然自然(てんねんしぜん)の使い方

健太
ともこちゃんは、あの噂を聞いたかい?
ともこ
知っているわ。本当のことなのかしら?
健太
わからないけれど、噂話には興味のなさそうなともこちゃんまで知っているなんて、驚いたな。
ともこ
天然自然に耳に入ったものだから、真偽のほどはわからないわ。

天然自然(てんねんしぜん)の例文

  1. これが天然自然に作られたものだなんて、信じられないな。たくさんの人が見に来ることで、壊されないことを願うよ。
  2. 天然自然に過ごしているというけれど、あんなことがひとりでに起こるなんて、あるわけないじゃないか。
  3. 天然自然の前には、人工物は無力なのかもしれない。この美しさは、人に作り出せるものではないよ。
  4. そんなことをしては、天然自然に反してしまうのではないだろうか。自然を守るためには、どうしたらいいのだろう。
  5. 天然自然に過ごしていると思っているようだけど、そんなことは不可能だよ。

まとめ

天然自然というように、人間が手を加えないで物事がそのまま存在する状態とは、それほど多くはないかもしれません。
自然にも少しずつ人の手が加えられることが、増えているのではないでしょうか。
しかし、自然の美しさは人の手で作り出せるものではないでしょう。
人にしか作り出せないものもあるかもしれませんが、自然との共存も考えることが大切なのかもしれませんね。
また、天然自然というように、ひとりでに物事が起こってしまったときには、どのように対処すべきかよく考えることが重要ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事