鴻雁哀鳴【こうがんあいめい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
鴻雁哀鳴

【読み方】
こうがんあいめい

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
流浪の民が、その苦しさを訴えることのたとえ。

【語源・由来】
「詩経」小雅・鴻鴈より。「鴻雁」は、秋にやってくる渡り鳥のカリのことで、大きな種類のものを「鴻」、小さな種類のものを「雁」という。どこかへ飛んで行くカリが悲しげに鳴くという意から、渡り鳥を流浪の民に見立てたことば。

【類義語】
・哀鴻遍野(あいこうへんや)


鴻雁哀鳴(こうがんあいめい)の使い方

健太
東日本大震災で家を失った人たちが鴻雁哀鳴していたよ。
ともこ
まだまだ復興は遠いわよね。
健太
元の生活そのままとまではいかないだろうけれども、一人残らず復興したと心から思える日が早く来ると良いよね。
ともこ
そのために私たちも出来る限りの支援をし続けるべきよね。

鴻雁哀鳴(こうがんあいめい)の例文

  1. 戦争で鴻雁哀鳴している人たちを救うために、難民キャンプで井戸を掘っています。
  2. 自分の家を失い、鴻雁哀鳴する人が世界中に6000万人以上いるそうです。
  3. 鴻雁哀鳴している難民の子供たちを救うために、一日50円から寄付することが出来ます。
  4. 寄付するだけではなく、鴻雁哀鳴している人たちの現状を知るべきです。
  5. 鴻雁哀鳴している人たちの姿をテレビで見て、きれいなスニーカーや服を集めて送ろうと思い立ちました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事