甑塵釜魚【そうじんふぎょ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
甑塵釜魚

【読み方】
そうじんふぎょ

【意味】
とても貧しいことのたとえ。

【語源・由来】
「後漢書」独行より。

【類義語】
・悪衣悪食(あくいあくしょく)
・一汁一菜(いちじゅういっさい)
・節衣縮食(せついしゅくしょく)
・粗衣粗食(そいそしょく)
・簇酒斂衣(そうしゅれんい)

【スポンサーリンク】

甑塵釜魚(そうじんふぎょ)の使い方

ともこ
健太くん。どうしたの?お昼ご飯を食べないの?
健太
うん。父さんが、仮想通貨で失敗して、我が家は今、甑塵釜魚なんだよね。お昼ご飯抜きなんだ。
ともこ
ええっ。育ち盛りなのにお昼ご飯抜きだなんてひどすぎるわ。私が明日からお弁当を作ってくるわ!
健太
ともこちゃん。ありがとうー。

甑塵釜魚(そうじんふぎょ)の例文

  1. 会社が倒産して、甑塵釜魚になりました。
  2. 甑塵釜魚だったので誕生日にケーキを買ってもらったことはありません。
  3. 我が家は甑塵釜魚なので、家が小さく、家族五人が一つの部屋で眠っていました。
  4. 甑塵釜魚だから私立の学校へはいけないと思っていたので、高校の学費無償化はありがたいです。
  5. 父さんが、給料を全部酒代にしてしまうので、我が家は甑塵釜魚なんです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事