置酒高会【ちしゅこうかい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
置酒高会

【読み方】
ちしゅこうかい

日本漢字能力検定
5級

【意味】
盛大に酒宴を催すこと。

【語源・由来】
『漢書』「高帝紀・上」より。「置酒」は酒宴を設ける、酒盛りをするという意味。「高会」は盛大な宴会のこと。


置酒高会(ちしゅこうかい)の使い方

健太
父さんが北海道に出張に行ったんだけど、そこで置酒高会の歓待を受けたんだって。
ともこ
へえ。北海道っておいしいものがたくさんあるから、きっと楽しい宴会になったんでしょうね。
健太
すごくうらやましいよね。でも、父さんは、僕たち家族のために北海道のおいしいものをお土産にたくさん買ってきてくれたんだよ。
ともこ
うらやましいわあ。

置酒高会(ちしゅこうかい)の例文

  1. 僕の歓迎会ということで、社員の皆さんが置酒高会の歓待をしてくれました。
  2. 結婚式の二次会はまさに置酒高会、それはそれは盛大なものでしたよ。
  3. 何の成果も出せなかった私たちにこんなすばらしい置酒高会を催していただいて、なんだか申し訳なく思います。
  4. 健太くんが空手の大会で優勝したお祝いに置酒高会を開きました。
  5. 昨日の置酒高会は、今までの人生の中で一番楽しいものでした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事