知勇兼備【ちゆうけんび】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
知勇兼備

「智勇兼備」とも書く。

【読み方】
ちゆうけんび

【意味】
知恵と勇気の両方を持っていること。「智勇」は知恵と勇気。「兼備」は複数のものを全て持ち合わせること。主に男性をほめるときに使う言葉。

【語源・由来】
「史記」藺相如伝・賛より。元は中国の趙の藺相如を褒め称えた言葉。

【類義語】
・知勇兼全(ちゆうけんぜん)
・知勇双全(ちゆうそうぜん)


知勇兼備(ちゆうけんび)の使い方

健太
僕の先祖は、知勇兼備の武将として常に先陣を務め、幕府創業の功臣となったんだって。
ともこ
へえ。その割には、今は普通の家よね。
健太
そこなんだよ。あまりに優秀だったから、謀反の疑いをかけられて討たれてしまったんだ。それで、生き残った子孫は名字を変えて、今に続いているんだよ。
ともこ
ああ。それで、健太くんの名字を教科書で見たことがないのね。機転が利く先祖のおかげで、健太くんがここにいるってわけね。

知勇兼備(ちゆうけんび)の例文

  1. 知勇兼備の部下を引き抜かれてしまったことは、大きな痛手でした。
  2. 海北綱親、秀吉をして、綱親こそが我が兵法の師であると言わしめたとされる、知勇兼備の武将。
  3. 彼は、知勇兼備の勇将ぶりを買われて、その重臣として活動していた。
  4. 信長、秀吉、家康の三名将は知勇兼備の将だ。
  5. これは、秀吉に愛された知勇兼備の将、真田幸村の義父となる大谷吉継の話です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事