刀耕火種【とうこうかしゅ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
刀耕火種

【読み方】
とうこうかしゅ

日本漢字能力検定
5級

【意味】
山林を伐採して、その後に山を焼いて種を植える。焼畑農耕をいう。

【語源・由来】
『東斎記事』より。

【類義語】
・刀耕火耨


刀耕火種(とうこうかしゅ)の使い方

健太
刀耕火種っていう農法があるけれども、何のために燃やすのかな?
ともこ
燃やした灰を肥料にして土壌を改良するためよ。害虫を殺すためという意見もあるようよ。
健太
刀耕火種は、昔から行われていたんだよね?科学的なことは知らなかったはずなのに、昔の人は土壌改良になるってよくわかったよね。
ともこ
すごいわよね。きっと長い経験から学んだんでしょうね。

刀耕火種(とうこうかしゅ)の例文

  1. 刀耕火種による地球の環境破壊が問題になり、今では行われている地域が少なくなりました。
  2. 灰を肥料の代わりにする刀耕火種は、無農薬で作物を栽培することができます。
  3. 刀耕火種が原因と思われる山火事が頻繁に起きています。
  4. 刀耕火種をすることで、農地の整地と肥料をやる仕事が同時に終わり、効率が良いため、農家から好まれました。
  5. 熱帯地方の幅広い地域で刀耕火種が行われています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事