墜茵落溷【ついいんらくこん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
墜茵落溷

【読み方】
ついいんらくこん

「茵に墜ち溷に落つ」とも読む。
日本漢字能力検定
1級

【意味】
人には運不運があるということ。

【語源・由来】
『南史』「范縝伝」より。「茵」はしとね・敷物のこと。「溷」はかわやという意味。風に吹かれて散った花が、あるものは幸運なことに敷物の上に落ち、あるものは不運にもかわやに落ちるということから。

【類義語】
・運否天賦(うんぷてんぷ)


墜茵落溷(ついいんらくこん)の使い方

健太
受験に失敗してしまったんだよ。
ともこ
墜茵落溷、運不運もあるからあまり落ち込まないほうがいいわよ。
健太
そうだよね。縁がなかっただけだよね。
ともこ
そうよ。きっと別のいい学校に巡り合えるわよ。

墜茵落溷(ついいんらくこん)の例文

  1. 日頃の行いがいい私がこんな目に合うなんて墜茵落溷だ。
  2. あんなにいい人が不幸なことになるとは、墜茵落溷、運不運ってあるよね。
  3. 墜茵落溷、どうしようもなく運がいいうらやましい人っているよね。
  4. どんなに祈っても墜茵落溷はどうしようもできない。
  5. 墜茵落溷、運不運に振り回されているのは自分だけではないのだから、そんなに悲観することはありません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事