于公高門【うこうこうもん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
于公高門

【読み方】
うこうこうもん

日本漢字能力検定
1級

【意味】
人知れず善行を積んだ家の子孫は繁栄することのたとえ。

【語源・由来】
「漢書」于定国伝より。「于公」は人物名で、漢代に丞相になった于定国の父のこと。于公は裁判官として公平に裁判を処理して、ひそかに善行を積んでいた。彼の住む村の門を修理するときに、人知れず善行を積む家の子孫は出世して繁栄するだろうと、門を広大に作った故事から。

【類義語】
・陰徳陽報(いんとくようほう)


于公高門(うこうこうもん)の使い方

健太
ぼくのおじいちゃんは、ここぞという時に強運を発揮するんだけど、人知れず善行を重ねて、于公高門、我が家は繁栄したそうだよ。
ともこ
へえ。神様はちゃんと見ているのね。
健太
うん。道ばたのゴミを拾ったり、募金箱を見たらお金を入れたり、小さい徳を積み重ねる努力をしているんだって。
ともこ
私もがんばってみるわ。

于公高門(うこうこうもん)の例文

  1. 于公高門、誰も見ていなくても信号を守り、横断歩道を渡ることで運が回ってきた気がします。
  2. 于公高門、宝くじが当たったら、募金箱に入れていますが、徳のおかげかわが社は儲かっています。
  3. 于公高門、電車内で体調が悪そうな人には席を譲ったり、徳を積んだことで、幸運を呼び、今の出世があるのだと思います。
  4. 于公高門、陰で徳を積むことで、ラッキーな場面が増えました。
  5. 于公高門、誰かのためを考えて生きていたら、繁栄、出世しました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事