前程万里【ぜんていばんり】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
前程万里

【読み方】
ぜんていばんり

日本漢字能力検定
4級

【意味】
これからの道のりが非常に遠いこと。また、将来の可能性や希望が大きいこと。前途有為なこと。

【語源・由来】
『南楚新聞』より。「前程」は行く先の道のり・前途のこと。「万里」は遠大な道のりという意味。

【類義語】
・前程遠大(ぜんていえんだい)
・前途万里(ぜんとばんり)


前程万里(ぜんていばんり)の使い方

健太
卒業式に担任の先生から、前程万里な君たちに幸あれって門出の言葉をもらったよ。
ともこ
勉強嫌いの健太くんの未来は、本当に前程万里なのかしらね。
健太
不吉なことをいわないでよ。
ともこ
前途多難にならないように、前程万里であるように努力をしたほうがいいと思うわ。

前程万里(ぜんていばんり)の例文

  1. 健太くんの空手の才能は本物で前程万里、このまま伸びていけばオリンピック選手間違いなしでしょう。
  2. まだ若い君たちには、前程万里、無限の可能性と未来が待っています。
  3. この試験にさえ合格すれば、あとは前程万里、可能性が広がります。
  4. 目を見張るような才能があるともこちゃんは前程万里、将来が楽しみです。
  5. 前程万里な君たちに幸多からんことを。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事