前途有望【ぜんとゆうぼう】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
前途有望

【読み方】
ぜんとゆうぼう

【意味】
将来成功する可能性を大いに秘めていること。

【語源・由来】
「前途(ぜんと)」とは、将来のこと。目標までの今後の道のりのこと。
「途」とは、道のりのこと。
「有望(ゆうぼう)」とは、将来に望みを持つことができる状態のこと。

【類義語】
・前途多望(ぜんとたぼう)
・前提万里(ぜんていばんり)
・前途有為(ぜんとゆうい)
・前途洋洋(ぜんとようよう)

【対義語】
・前途多難(ぜんとたなん)
・前途遼遠(ぜんとりょうえん)

【英語訳】
promising [rosy, bright] future; offering promising prospects.


前途有望(ぜんとゆうぼう)の使い方

健太
ともこちゃん、さっきの演奏は素晴らしかったよ。
ともこ
ありがとう。とても緊張したけれど、うまく弾けてよかったわ。
健太
演奏を聴いていた人たちが、あの子は前途有望だと話していたよ。
ともこ
それは嬉しいわ。これからも練習をがんばるわ。

前途有望(ぜんとゆうぼう)の例文

  1. 彼は幼い頃から運動神経が優れていて、前途有望だとみんなが期待していた。
  2. 前途有望だと推薦されたにも関わらず、実力を発揮できずにいるようだ。
  3. 君たちは前途有望な若者なのだから、しっかりと学業に励む必要がある。
  4. このアトリエには、前途有望な若者が集まって、日々作品作りを行っている。
  5. 彼女は幼い頃から歌唱力を評価されていて、前途有望だと期待されていた通り、歌手となって活躍している。

まとめ

前途有望というように、将来成功する可能性を秘めているということは、素晴らしいことではないでしょうか。
特別な才能がある場合には、ぜひ才能を伸ばしたいものですね。
しかし、人は誰しも可能性を秘めているものです。
自分の力を信じて、成功を目指して努力し続けたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事