人物月旦【じんぶつげったん】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
人物月旦

【読み方】
じんぶつげったん

【意味】
人物を批評すること。人物の批評。特に著名人についての評論。

「旦」を「且」と書き誤らないように注意しましょう。

【語源・由来】
「人物」は人間そのものを言い換えた言葉。また、人間としての器量・能力、ひとがらも示す。役にたつ人、すぐれた能力の人を敬意を込めて表現する。
「月旦」は毎月のはじめの日のこと。ついたち。また、月旦評のこと。

月旦評とは人物の批評、人物の品定めのこと。
中国後漢(ごかん)の許劭(きょしょう)が毎月一日に従兄弟(いとこ)の請(せい)と、郷里の人々の論評をし合って楽しんだという『後漢書(ごかんじょ) 許劭伝(きょしょうでん)』の故事より。

【類義語】
・月旦春秋(げったんしゅんじゅう)
・人物批評(じんぶつひひょう)
・舌端月旦(ぜったんげったん)

【対義語】
・皮裏陽秋(ひりのようしゅう)
・皮裏春秋(ひりのしゅんじゅう)

【英語訳】
・A critique of a person
・A critique of well-known person

【スポンサーリンク】

人物月旦(じんぶつげったん)の使い方

健太
A君は的確な判断力と行動力があるよね。B君は人間としての器が小さいよな。背も小さいだろ?
ともこ
健太君、あからさまな人物月旦はやめなさいよ。
健太
何で? けっこう皆面白がって聞いてくれてるんだぜ。
ともこ
健太君が得意になって人物月旦しているのを、馬鹿にして面白がっているのよ。分からないの?

人物月旦(じんぶつげったん)の例文

  1. さて、それでは新入社員の人物月旦を始めようか。
  2. インターネットで見れるハリウッドスターのゴシップ記事は、現代の人物月旦のようなものだ。
  3. 歴史書を読み解くポイントはその時代の背景と、直面している危機を知ることだ。情報としてその時代に活躍する人の人物月旦があるとなお良い。
<竹沢先生と云ふ人/長与善朗>より
話はそれから東西の色々の人物月旦にワタリ、
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事