上援下推【じょうえんかすい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
上援下推

【読み方】
じょうえんかすい

日本漢字能力検定
4級

【意味】
適任者として上から引き立てられ、下からも推されること。

【語源・由来】
「援」は引き上げること。「推」はすすめる、おすという意味。


上援下推(じょうえんかすい)の使い方

ともこ
健太くん。新しい空手部の部長は誰に決まったの?
健太
上援下推である僕に全員一致で決まったんだよ。
ともこ
へえ。先輩からも後輩からも部長として指名されたってわけ?健太くんはそんなに人気があったのね。
健太
そうなんだよ。空手部では人望が厚いんだよ。

上援下推(じょうえんかすい)の例文

  1. 先輩から愛され、後輩から慕われている健太くんはまさに上援下推ですよね。
  2. 目上の人からも、後輩からも信頼の厚い上援下推の健太くんですが、同僚からは嫉妬の目で見られています。
  3. 上援下推な健太くんなら、ともこちゃんの後任を任せても安心でしょう。
  4. 健太くんは先輩方からかわいがられる愛されキャラなんですが、後輩からも信頼されていて上援下推なんです。
  5. 先輩だけじゃなく後輩からも推されるような、上援下推な人じゃないと、この崩壊しきった部を再建することはできないと思うよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事