日常坐臥【にちじょうざが】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
日常坐臥

【読み方】
にちじょうざが

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
日常いつでもという意味。毎日の生活のこと。普段ということ。

【語源・由来】
「坐臥」は座ることと寝ること。すなわち、起きているときも寝ているときもの意。

【類義語】
・常住坐臥(じょうじゅうざが)


日常坐臥(にちじょうざが)の使い方

ともこ
健太くんは、普段の生活で、いつもどんなことを考えているの?
健太
日常坐臥、常に食べ物のことを考えているんだよ。
ともこ
健太くんの頭の中は、食べ物のことでいっぱいなの。
健太
そうなんだよ。僕の頭の中から食べ物を取り除いたら、何も残らなくて思考停止してしまうんだよ。

日常坐臥(にちじょうざが)の例文

  1. ともこちゃんは、敬虔なクリスチャンで日常坐臥、神様への祈りの気持ちを忘れません。
  2. 日常坐臥、背筋を伸ばすことを意識していれば猫背を治すことができます。
  3. 小さいうちから日常坐臥、英語のCDをかけ流していたので、この子は日本語より早く英語を話し始めました。
  4. 日常坐臥、健太くんは自分の体を鍛えることを怠りません。
  5. 健太くんとともこちゃんの喧嘩は日常坐臥のことで、ああ、またかという感じでだれも止めに入りません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事