四通八達【しつうはったつ】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
四通八達

【読み方】
しつうはったつ

【意味】
道路網や交通網、通信網が広く四方八方に通じていること。
交通網が発達していて、交通や往来が盛んでにぎやかなで活気のある場所のこと。

【語源由来】
「四通」は道路、交通が四方に通じていることの意味です。

【類義語】
四衢八街(しくはちがい)
四通五達(しつうごたつ)

【対義語】

【英語訳】
traffic network extending in all directions
run in all directions
a key junction
a focus of traffic arteries
a center of traffic
Communication with all quarters

例文 この場所は鉄道が四通八達している。
There is a whole network of railroads in this district.

東京は電車が四通八達している。
Tokyo is a network of car-lines.
Car-lines cross Tokyo in all directions.

【スポンサーリンク】

四通八達(しつうはったつ)の使い方

ともこ
この街がなぜ、宿場町として古くから発達していたか分かる?
健太
うん、勉強したよ。昔からある大きな街道が交差していることから、様々な交通網が発達したからだよね。
ともこ
四通八達した交通網の土地柄が、この街の人口を増加させた一つの要因だよね。
健太
自分達の街の歴史を知ることは大事だよね。

四通八達(しつうはったつ)の例文

  1. 四通八達した鉄道網がこの街を発展させた。
  2. 道は四通八達し、ゆききする人の姿が多く、昔では考えられないほど便利になった。
  3. 彼女の実家は四通八達の町に店を構え、繁盛させ続けることができた。
  4. この土地は四通八達の交通の要であり、道路整備が早くから実施されてきた。
  5. 四通八達した道路のように、らせん状に広がっている様子だ。

まとめ

この「四通八達」の意味は交通の便が良いことが利点として今では良い意味で使われていますが、古代中国において逆に他国から侵略されやすいという心配の種もあったようです。戦国の世では行き来しやすいことは危険と隣り合わせでもあったようですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事