万里一空【ばんりいっくう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
万里一空

【読み方】
ばんりいっくう

【意味】
どこまでも同じ一つの目標を見据え、たゆまず努力を続けるということ。

【語源・由来】
宮本武蔵「五輪書」より。「山水三千世界を万理一空に入れ、満天地ともまとめる」に由来する。

【類義語】
・雲外蒼天(うんがいそうてん)
・勇往邁進(ゆうおうまいしん)
・一路邁進(いちろまいしん)


万里一空(ばんりいっくう)の使い方

ともこ
健太くん。いよいよ日本でオリンピックが開催されるわね。
健太
うん。万里一空を胸に空手をがんばってきたんだ。絶対にこのオリンピックの出場権を手に入れたいな。
ともこ
幼稚園の頃から、空手道で金メダルをとりたいっていっていたもんね。
健太
空手道がオリンピックの競技種目に追加され、さらに日本での開催。絶対負けられない。

万里一空(ばんりいっくう)の例文

  1. ピアニストになるという夢のために、万里一空の精神で、毎日10時間寝る間を惜しんでピアノを弾き続けました。
  2. 日本最難関の東京大学に入学すると決め、万里一空の努力を重ねてきました。
  3. 万里一空の境地を求めて、毎日全力を尽くします。
  4. 優勝するために、万里一空の心で今日まで練習してきました。
  5. 万里一空の精神で毎日頑張っていきます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事