越俎之罪【えっそのつみ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
越俎之罪

【読み方】
えっそのつみ

日本漢字能力検定
1級

【意味】
自分の出過ぎた行いによって、他人の権限を侵す罪のこと。「俎」はまな板のこと。

【語源・由来】
「荘子」逍遥遊より。古代中国で尭帝が許由に天下を譲ろうとしたとき、許由は「人は分を守ることが大切で、たとえ料理人が神に供える料理をうまく作らなかったとしても、神主が料理人に代わって料理を作るべきではない」と言って断った故事から。

【類義語】
・越権行為(えっけんこうい)
・越俎代庖(えっそだいほう)


越俎之罪(えっそのつみ)の使い方

健太
ともこちゃん。彼のことが好きなんでしょう?代わりにともこちゃんの気持ちを伝えてこようか?
ともこ
余計な真似はしないで。越俎之罪よ。
健太
そうだよね。自分で伝えないと意味が無いよね。
ともこ
そうよ。ちゃんと自分の口で伝えるわ。

越俎之罪(えっそのつみ)の例文

  1. 平社員が社長の経営戦略について意見するなんて越俎之罪です。
  2. 看護師が、医師の診断に物申すなんて越俎之罪だ。
  3. 私が、君たち夫婦の離婚訴訟について何か意見を言うのは越俎之罪で、弁護士に聞いたほうが良い。
  4. スーパーの陳列方法に口を出すなんて、お客様とはいえ、越俎之罪です。
  5. 学校の方針に文句を言うのは、PTAであっても越俎之罪です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事