CATEGORY 「わ」で始まる四字熟語

「わ」で始まる四字熟語

和風慶雲【わふうけいうん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 和風慶雲 【読み方】 わふうけいうん 【意味】 穏やかに吹く和らいだ風とめでたい雲。 【語源・由来】 『近思録』「観聖賢」より。「慶雲」はよい前兆をあらわすめでたい雲。もと孔子の高弟の顔淵を評した語。 和風…

「わ」で始まる四字熟語

和衷協同【わちゅうきょうどう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 和衷協同 【読み方】 わちゅうきょうどう 【意味】 心を同じくして共に力を合わせ、仕事や作業に当たること。 【語源・由来】 『書経』「皋陶謨」より。「和衷」は心の底からやわらぐこと。また、心を同じくすること…

「わ」で始まる四字熟語

和衷共済【わちゅうきょうさい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 和衷共済 【読み方】 わちゅうきょうさい 【意味】 心を同じくしてともに力を合わせること。 【語源・由来】 『書経』「皋陶謨」より。「和衷」は心の底からやわらぐこと。また、心を同じくすること。 【類義語】 …

「わ」で始まる四字熟語

和羹塩梅【わこうあんばい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 和羹塩梅 【読み方】 わこうあんばい 【意味】 主君の施政を助けて天下をうまく治める大臣、宰相のこと。 【語源・由来】 『書経』「説命・下」より。種々の物をまぜ合わせて、味を調和させてつくった吸い物(あつも…

「わ」で始まる四字熟語

和敬清寂【わけいせいじゃく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 和敬清寂 【読み方】 わけいせいじゃく 【意味】 主人と客が心を和らげて敬い、茶室など身のまわりを清らかで静かに保つこと。千利休の茶道の精神を象徴した言葉。 和敬清寂(わけいせいじゃく)の使い方 和敬清寂(…

「わ」で始まる四字熟語

和顔愛語【わがんあいご】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 和顔愛語 【読み方】 わがんあいご 【意味】 なごやかで親しみやすい態度のこと。 【語源・由来】 「和顔」はなごやかな顔つき、柔和な顔のこと、「愛語」は親愛の情がこもった言葉の意。 【類義語】 ・和顔悦色(…

「わ」で始まる四字熟語

矮子看戯【わいしかんぎ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 矮子看戯 【読み方】 わいしかんぎ 【意味】 見識のないことのたとえ。観劇のとき背の低い人が高い人のうしろで芝居を見ること。よく見えないことから、前人の批評や意見を聞き、よく考えずそれに同調すること。 【語…

「わ」で始まる四字熟語

和魂漢才【わこんかんさい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 和魂漢才 【読み方】 わこんかんさい 【意味】 日本固有の精神を持ちながら、中国伝来の学問の才をそなえもつこと。 【語源・由来】 菅原道真「菅家遺誡」より。 【類義語】 ・和魂洋才(わこんようさい) 和魂漢…

「わ」で始まる四字熟語

和光同塵【わこうどうじん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 和光同塵 【読み方】 わこうどうじん 【意味】 自分の才能や徳を隠して、世間に目立たないように暮らすこと。 【語源・由来】 「老子」四章・五六章より。 【類義語】 ・大智如愚(だいちじょぐ) ・韜光晦迹(と…