和光同塵【わこうどうじん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
和光同塵

【読み方】
わこうどうじん

【意味】
俗世で目立たないように、才能や徳を隠して暮らすこと。仏教では、仏や菩薩が衆生を救うために、本来の姿を隠して、煩悩の塵をまとって、俗世に現れること。「和光」は、才能の光を和らげ目立たないように隠すこと、「同塵」は、俗世間に合わせるという意味。

【語源・由来】
「老子」四章・五六章より。

【類義語】
・大智如愚(だいちじょぐ)
・韜光晦迹(とうこうかいせき)
・内清外濁(ないせいがいだく)
・被褐懐玉(ひかつかいぎょく)
・和光垂迹(わこうすいじゃく)


和光同塵(わこうどうじん)の使い方

健太
ともこちゃんは優秀なんだから、生徒会の役員に出馬すればいいのに。
ともこ
いいえ。私は和光同塵を心がけているから、表舞台には立ちたくないのよ。
健太
でも、ともこちゃんの優秀さは、隠しても隠しきれないと思うよ。
ともこ
健太くんがうかつなことを言わない限りは大丈夫よ。

和光同塵(わこうどうじん)の例文

  1. 和光同塵、僕は天才なんだとアピールするような嫌味な人にはなりたくない。
  2. 和光同塵、彼女は偉ぶらず、おごらず、うまくクラスに調和しています。
  3. 和光同塵、彼は知恵を持っているのに、尋ねられるまではひけらかさない。
  4. インスタ映えを狙う目立ちたがり屋なひとには、和光同塵の精神は分からないでしょう。
  5. 和光同塵、彼は、自分の功績を鼻に掛けない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事