CATEGORY 「わ」で始まる四字熟語

「わ」で始まる四字熟語

和風慶雲【わふうけいうん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 和風慶雲 【読み方】 わふうけいうん 【意味】 穏やかに吹く和らいだ風とめでたい雲。 【語源・由来】 『近思録』「観聖賢」より。「慶雲」はよい前兆をあらわすめでたい雲。もと孔子の高弟の顔淵を評した語。 和風…

「わ」で始まる四字熟語

和衷協同【わちゅうきょうどう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 和衷協同 【読み方】 わちゅうきょうどう 【意味】 心を同じくしてともに力を合わせること。 【語源・由来】 『書経』「皋陶謨」より。「和衷」は心の底からやわらぐこと。また、心を同じくすること。 【類義語】 …

「わ」で始まる四字熟語

和衷共済【わちゅうきょうさい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 和衷共済 【読み方】 わちゅうきょうさい 【意味】 心を同じくしてともに力を合わせること。 【語源・由来】 『書経』「皋陶謨」より。「和衷」は心の底からやわらぐこと。また、心を同じくすること。 【類義語】 …

「わ」で始まる四字熟語

和羹塩梅【わこうあんばい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 和羹塩梅 【読み方】 わこうあんばい 【意味】 主君の施政を助けて天下をうまく治める大臣、宰相のこと。 【語源・由来】 『書経』「説命・下」より。種々の物をまぜ合わせて、味を調和させてつくった吸い物(あつも…

「わ」で始まる四字熟語

和敬清寂【わけいせいじゃく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 和敬清寂 【読み方】 わけいせいじゃく 【意味】 主人と客が心を和らげて敬い、茶室など身のまわりを清らかで静かに保つこと。千利休の茶道の精神を象徴した言葉。 和敬清寂(わけいせいじゃく)の使い方 和敬清寂(…

「わ」で始まる四字熟語

和顔愛語【わがんあいご】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 和顔愛語 【読み方】 わがんあいご 【意味】 なごやかで親しみやすい態度のこと。 【語源・由来】 「和顔」はなごやかな顔つき、柔和な顔のこと、「愛語」は親愛の情がこもった言葉の意。 【類義語】 ・和顔悦色(…

「わ」で始まる四字熟語

矮子看戯【わいしかんぎ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 矮子看戯 【読み方】 わいしかんぎ 【意味】 見識のないことのたとえ。観劇のとき背の低い人が高い人のうしろで芝居を見ること。よく見えないことから、前人の批評や意見を聞き、よく考えずそれに同調すること。 【語…

「わ」で始まる四字熟語

淮南鶏犬【わいなんのけいけん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 淮南鶏犬 【読み方】 わいなんのけいけん 【意味】 他人の権力と勢力で自分の利益を得たり、出世したりすること。 【語源・由来】 「神仙伝」劉安より。「淮南」は国の名前。中国の前漢の時代、淮南の王の劉安が昇天…

「わ」で始まる四字熟語

和魂漢才【わこんかんさい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 和魂漢才 【読み方】 わこんかんさい 【意味】 「和魂」は日本古来の固有の精神のこと、「漢才」は中国伝来の学問のことで、日本古来の精神を大切にしつつ、漢学を学ぶという意味。 【語源・由来】 菅原道真「菅家遺…

「わ」で始まる四字熟語

和光同塵【わこうどうじん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 和光同塵 【読み方】 わこうどうじん 【意味】 俗世で目立たないように、才能や徳を隠して暮らすこと。仏教では、仏や菩薩が衆生を救うために、本来の姿を隠して、煩悩の塵をまとって、俗世に現れること。「和光」は、…