朝盈夕虚【ちょうえいせききょ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
朝盈夕虚

【読み方】
ちょうえいせききょ

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
人生のはかないことのたとえ。

【語源・由来】
朝に栄え夕べに滅びるという意味。

【類義語】
・朝栄夕滅(ちょうえいせきめつ)
・諸行無常(しょぎょうむじょう)


朝盈夕虚(ちょうえいせききょ)の使い方

ともこ
健太くん。いつまで寝ているの。
健太
今日は休みなんだからいいじゃないか。
ともこ
朝盈夕虚、人生はあっという間に終わりを迎えてしまうのよ。ぼーっとしている暇なんてないのよ。
健太
それは寝ている場合じゃないね。起きて人生を謳歌しないといけないな。

朝盈夕虚(ちょうえいせききょ)の例文

  1. 昨日別れた時は元気だった健太くんが、この世にもういないだなんて朝盈夕虚だなあ。
  2. 人生は朝盈夕虚、後悔のないように毎日を一生懸命生きよう。
  3. 人の一生は朝盈夕虚、地球の長い歴史に比べればほんの一瞬の出来事なんだけど、その一瞬でどれだけ輝けるか、あきらめずにがんばりたい。
  4. 朝盈夕虚、人生ははかなくはかないからこそ尊い。
  5. 悩んでいる場合じゃない、朝盈夕虚、短い人生の中でできることは、とにかく前進あるのみです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事