呑舟之魚【どんしゅうのうお】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
呑舟之魚

【読み方】
どんしゅうのうお

【意味】
人並み外れた才能がある人、大人物のたとえ。

【語源・由来】
「荘子」庚桑楚より。舟を丸呑みのするほどの大きな魚ということから。

【類義語】
・呑波之魚(どんぱのうお)


呑舟之魚(どんしゅうのうお)の例文

健太
ともこちゃん。テストの結果はどうだった?
ともこ
100点だったわよ。健太くんは?
健太
わあ。また100点?ともこちゃんは呑舟之魚だね。僕はまた0点だったよ。
ともこ
毎回0点なのに笑っていられる健太くんも呑舟之魚よね。

呑舟之魚(どんしゅうのうお)の使い方

  1. 呑舟之魚として有名な健太くんは、幼稚園の頃から怖いものしらずで、大物になるとささやかれていました。
  2. ともこちゃんは、呑舟之魚と言われているだけあって、視野が広く、他の人と着目点が異なる。
  3. 健太くんのあの鈍感力はすごい、いずれは呑舟之魚と言われる日が来るでしょう。
  4. そんな細かいことを気にしているようでは、呑舟之魚になることはできないぞ。
  5. やんちゃな健太くんをしからず、温かい目で見守ったお母さんのおかげで、健太くんは伸び伸びと育ち、呑舟之魚となることが出来たのだと思います。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事