魚爛土崩【ぎょらんどほう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
魚爛土崩

【読み方】
ぎょらんどほう

日本漢字能力検定
1級

【意味】
国家や物事が内側から壊れてなくなること。

【語源・由来】
「文選」陳琳「為曹洪与魏文帝書」より。「魚爛」は魚が内臓から腐ること。「土崩」は積み上げた土が崩れること。

【類義語】
・土崩魚爛(どほうぎょらん)


魚爛土崩(ぎょらんどほう)の使い方

健太
今のこの国の政治は、経済最優先で弱者を切り捨てているように見えるよね。
ともこ
そうね。弱者を切り捨てると、魚爛土崩、国家の存亡の危機につながることもあるのにね。
健太
二世や三世のお金持ちの議員には、弱者の暮らしが想像できないんだろうね。
ともこ
そうね。経済界の人たちとは幼なじみだったりするんでしょうね。この国はもう駄目ね。

魚爛土崩(ぎょらんどほう)の例文

  1. ともこちゃんが転校してしまうと、生徒の統率がとれなくなり、魚爛土崩するでしょう。
  2. 百姓一揆が日本中に広まり、このままでは魚爛土崩しそうです。
  3. リーダーである健太くんが抜けると、この企画は魚爛土崩します。
  4. トップが責任放棄し、組織は、魚爛土崩しはじめました。
  5. 社員同士が仲が悪く、ぎすぎすしているせいで、魚爛土崩しそうです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事