道心堅固【どうしんけんご】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
道心堅固

【読み方】
どうしんけんご

「堅固」を「けんこ」と読まない。

【意味】
仏教のことばで、悟りを求め、道心が強くてしっかりしていること。

「道心」は、他人を悟らせる心。

【語源・由来】
『十住毘婆沙論』「一三」

【類義語】
・志操堅固(しそうけんご)


道心堅固(どうしんけんご)の使い方

健太
最近、罪を犯した芸能人が禊のためと言って仏門に入るよね。
ともこ
道心堅固じゃない人が仏門に入るなんて罰当たりよね。
健太
辛くて逃げだす人もいるみたいだよ。さらに罰当たりだよね。
ともこ
罰当たりでもしばらくしたら、テレビの世界に戻ってくるんだから芸能界ってすごい世界よね。

道心堅固(どうしんけんご)の例文

  1. 道心堅固な健太くんは、煩悩に惑わされることはない。
  2. ともこちゃんは道心堅固であるから、鉄板焼きステーキが目の前に出てきても、食指が動かない。
  3. 健太くんの家は、熱心な仏教徒で、家族みんな道心堅固である。
  4. 近所のお寺の僧侶は、道心堅固で有名です。
  5. 道心堅固な健太くんは、どんなに魅力的な女性に声をかけられても規律を守って振り向かない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事