当代第一【とうだいだいいち】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
当代第一

【読み方】
とうだいだいいち

【意味】
今の世、またはその時代において最も優れていること。

「当代」は、今の世。現代。また、過去のある時代。「第一」は、最も優れたもの。

【類義語】
・海内無双(かいだいむそう)
・国士無双(こくしむそう)
・天下一品(てんかいっぴん)
・天下第一(てんかだいいち)
・天下無双(てんかむそう)
・天下無敵(てんかむてき)
・天下無類(てんかむるい)
・当代無双(とうだいむそう)


当代第一(とうだいだいいち)の使い方

健太
ともこちゃんのピアノは当代第一だね。
ともこ
ありがとう。
健太
当代どころか、歴代第一かもね。ともこちゃんと同じ時代に生まれたことを幸運に思うよ。
ともこ
そこまで褒められると照れるわ。

当代第一(とうだいだいいち)の例文

  1. ともこちゃんは苦労して当代第一のチェロの大家のチケットを手に入れた。
  2. 健太くんは、当代第一の戦略家です。
  3. 当代第一と言われる歯科医は、予約をなかなか取ることができない。
  4. ノーベル賞を受賞したら、代第一と言って間違いないでしょう。
  5. ともこちゃんの書道は当代第一と評判で、王義之の生まれ変わりともいわれている。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事