遠慮会釈【えんりょえしゃく】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
遠慮会釈

【読み方】
えんりょえしゃく

日本漢字能力検定
2級

【意味】
控えめで、思いやりを持った態度で接すること。他人に対して態度を慎みその心を思いやること。

【語源・由来】
「遠慮」は、控えめにすること。「会釈」は、挨拶をすることで、他人を思いやる意。
一般には「遠慮会釈もない」と否定語を伴い傲慢な態度を非難する場合に用いる。

「会釈」を「かいしゃく」と読むのは誤り。

【類義語】
・会釈遠慮(えしゃくえんりょ)

【対義語】
・傍若無人(ぼうじゃくぶじん)

【英語訳】
reserve and consideration(to others).

英語例文
彼は誰の事でも遠慮会釈もなく批評する。He criticizes everybody mercilessly-spares nobody.
【スポンサーリンク】

遠慮会釈(えんりょえしゃく)の使い方

ともこ
健太くん、昨日姪が来てくれたんだけど、手についたケチャップを私の洋服にべたべたとつけられてしまい、シミが抜けない状態になってしまったの。
健太
えっ、そうなの。洋服は捨てるようなの?
ともこ
うん、とっても気に入ってた洋服だけど、どうにもできない・・・
健太
ともこちゃん、遠慮会釈なしに姪がしたことだから、がまんするんだね。

遠慮会釈(えんりょえしゃく)の例文

  1. 彼らは遠慮会釈もなしに次から次へとつまみを注文をする。
  2. 後援会で一つあいている席があったので、彼は遠慮会釈なしにそこへ坐りこんだ。
  3. 親しい間柄ではあるが、遠慮会釈なしに私の気持ちに入り込んでくる。
  4. 地震の影響で生活できない状態となっているところに、雨は遠慮会釈なく降り込む。
  5. 関係者のだれもが報道陣の記者たちにつかまって、遠慮会釈のない質問や追求が展開された。

まとめ

「遠慮会釈もない」という否定語として日常使われることが多い。
「遠慮会釈」は相手を思いやって遠慮することで、思いやりをもった態度で接することは、大きな心の持ち主で、まわりを意識し優しい気持ちの持ち主である。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事