嫣然一笑【えんぜんいっしょう】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
嫣然一笑

【読み方】
えんぜんいっしょう

【意味】
にこやかに笑う様子のこと。

【由来】
「婉」は、もともと丸いこと、角張らないという語意があり、そこからまるみをおびて逆らわない、しとやか、おだやかという意味となります。
「婉然」とは、にっこりとあでやかに笑うさまの意味で、「一笑」はちょっと笑うことの意味です。

【類義語】
破顔微笑(はがんみしょう)
破顔一笑(はがんいっしょう)

【対義語】

【英語訳】
giving a charming (bewitching) smile
give a pleasant
to smile sweetly
the smile of a beauty
broad smile


嫣然一笑(えんぜんいっしょう)の使い方

ともこ
隣のクラスの田中さんはいつも清楚でかわいいよね!女の子からみてもステキだよ。
健太
うん、この間も用事があって話しかけたんだけど、嫣然一笑して答えてくれたんだ。嬉しかった!
ともこ
あれ、鼻の下が伸びているよ。本当に単純ね。
健太
つい、うっかり思い出しちゃった!本当にかわいいよね!

嫣然一笑(えんぜんいっしょう)の例文

  1. 今後の日曜日、お出かけしようと約束した時、誕生日が近付いていることを気づいたのか、母は上機嫌で嫣然一笑した。
  2. あのとき、ノートを手渡ししたときの彼女の笑顔はまさに嫣然一笑といえる清清しいものでした。
  3. 突然の彼のプロポーズに、彼女は嫣然一笑でイエスと答え、指輪をはめてうれしそうでした。

まとめ

嫣然一笑(えんぜんいっしょう)は「にこやかに笑う様子のこと」です。
「婉」は本来、丸いこと、角張らないという語意があり、そこから逆らわない、素直、しとやか、おだやか、美しいという意味があります。
「婉然」の意味は「にっこりとあでやかに笑うさま」で「一笑」は「ちょっと笑うこと」の意味です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事