亥豕之譌【がいしのか】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
亥豕之譌

【読み方】
がいしのか

日本漢字能力検定
1級

【意味】
文字を書き間違えること。「亥」と「豕」は文字の形が似ていて書き間違えやすいことから。「譌」は誤りという意味。

【語源・由来】
呂氏春秋「察伝」より。

【類義語】
・烏焉魯魚(うえんろぎょ)
・三豕渡河(さんしとか)
・魯魚亥豕(ろぎょがいし)
・魯魚章草(ろぎょしょうそう)
・魯魚之謬(ろぎょのあやまり)


亥豕之譌(がいしのか)の使い方

健太
今日のテストでまたやってしまったあ。
ともこ
同じミスをしてしまったの?
健太
そうなんだ。いつも「成績」を「成積」と間違えてしまうんだ。
ともこ
亥豕之譌ね。百回書いて覚えるしかないわね。

亥豕之譌(がいしのか)の例文

  1. 亥豕之譌、「完璧」と「完壁」で間違える人が多いそうなので注意しましょう。
  2. 亥豕之譌、「紛失」と「粉失」ではどちらが正解でしょうか。
  3. 亥豕之譌、パソコンの変換キーに普段頼りすぎているようで、「鳥龍茶」と「烏龍茶」を書き間違えました。
  4. 亥豕之譌、急いで書くと「失」と「矢」は書き間違えやすいです。
  5. 亥豕之譌、「頂」、「項」、「頃」はとてもよく似ています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事