侃侃諤諤【かんかんがくがく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【四字熟語】
侃侃諤諤

侃々諤々とも書く。

【読み方】
かんかんがくがく

日本漢字能力検定
1級

【意味】
遠慮せず、正しいと思うことを主張して議論すること。また議論のさかんなことをいう。
ひるまず述べて盛んに議論をするさま。はばかることなく直言するさま。

「侃侃」は、強くまっすぐなさま。剛直なさま。
「諤諤」は、はばかることなくありのままを正しく直言するさま。
略して「侃諤」ともいう。

「喧喧囂囂(けんけんごうごう)多くの人が勝手にやかましく騒ぎ立てる意味」
と混同されやすいが別の意味である。
「喧喧諤諤」も侃侃諤諤を混用した誤りなので気をつけよう。

【語源・由来】
「侃侃」は『論語(ろんご) 郷党(きょうとう)』より
侃侃如たり・・・やわらぎ、楽しみ、剛直なさま。

「諤諤」は『史記(しき) 商君伝』より
千人の諾諾(だくだく)は、一士の諤諤に如かず・・・千人が調子よく応諾(おうだく)するより、一人の憚(はばか)ることない直言のほうが遥(はる)かに優れている。

「侃々諤々と議論を戦わす」などと表現する。

【類義語】
・議論百出(ぎろんひゃくしゅつ)
・談論風発(だんろんふうはつ)
・百家争鳴(ひゃっかそうめい)
・諤諤之臣(がくがくのしん)

【英語訳】
・We are actively discussing the correct opinions.
・They discuss actively
・They say the right opinion

【スポンサーリンク】

侃侃諤諤(かんかんがくがく)の使い方

ともこ
健太君、また寝不足なの?目が真っ赤だわ。
健太
昨晩は、将来のことで父と侃侃諤諤やりあったんだ。父が家業を引き継げって言うんだよ。
ともこ
何て答えたの?
健太
自分の将来は自分で作りたいって言ったよ。

侃侃諤諤(かんかんがくがく)の例文

  1. 会議は侃侃諤諤の議論で白熱し、意見がまとまらなくなったので、整理するために休憩をはさむことにした。
  2. 以前からわがままを言う友人が今回も輪を乱す発言をしたので、侃侃諤諤の意見を述べさせてもらった。
  3. 新法律の制定に向けて侃侃諤諤と論戦が繰り広げられた。
  4. マンションの自転車置き場の建設についての話し合いは、
    住民一人ひとり侃侃諤諤の様相を呈した。
<花の生涯/舟橋聖一>より
好戦論者の、侃々諤々の論の前には、いつも、非戦論者の意気は、揚(あが)らないものだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事