烏焉魯魚【うえんろぎょ】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】
烏焉魯魚

【読み方】
うえんろぎょ

日本漢字能力検定
1級

【意味】
文字の書き誤り。文字の造形が似ていて書き誤ること。

【語源・由来】
「鳥」と「焉」、「魯」と「魚」がそれぞれ字形が似ていて、誤りやすいことからいう。

【類義語】
・魯魚亥豕(ろぎょがいし)
・鳥焉成馬(うえんせいば)
・亥豕之譌(がいしのか)
・三豕渡河(さんしとか)
・魯魚章草(ろぎょしょうそう)
・魯魚之謬(ろぎょのあやまり)

【英語訳】
miswriting a word、using the wrong kanji to write a word

英語訳
文字の造形が似ていて書き誤ること。The molding of the letter is similar and writes it incorrectly
【スポンサーリンク】

烏焉魯魚(うえんろぎょ)の使い方

ともこ
健太くん、おそば屋さんに「辰巳庵」という名前が多いのを知ってる?
健太
いや、知らないけどそれがどうしたの?
ともこ
辰巳の巳だけど、已と己と巳があって、どの字をつかう?
健太
僕知らなかったけど己と思ってた、辰己庵って鳥焉魯魚で誤って覚えていたんだ。已(い)と己(こ)と巳(み)なんだね。

烏焉魯魚(うえんろぎょ)の例文

  1. 鳥焉魯魚、実に漢字は面白い、百面相である。
  2. 正確に漢字を書いている大学生でも鳥焉魯魚で書き誤りがある。
  3. 鳥焉魯魚のような誤りが起きたら、大変面倒なことになる。
  4. 出版社の編集者というプロの方でも見落としてしまい、鳥焉魯魚で誤って出版してしまうことがある。
  5. 漢字検定3級を受けたが、鳥焉魯魚で書き誤りがあり合格できなかった。

まとめ

字には字形の相似したものが多く、それによって、書き誤りやすいということになれば、書き誤らないためには、どうすれば良いだろうか。間違えやすい漢字には「千と干と于」なのか、頂と項と頃などもそうである。やはり見て覚えていかなくてはならないだろう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事