頑廉懦立【がんれんだりつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
頑廉懦立

【読み方】
がんれんだりつ

日本漢字能力検定
1級

【意味】
立派な人物からよい影響を受けて、悪い人もよくなっていくということ。「頑」は強欲なこと。「廉」は心に汚れが無く清らかなこと。「懦」は物事を遣り通す気構えがないこと。「立」は目標を持つこと。

【語源・由来】
「孟子」万章・下より。立派な人物からよい影響を受けて、欲深い人も清く正しい心になり、意気地のない人も奮起して目標を持つということから。「伯夷の風を聞く者は、頑夫も志を立つる有り」を略した言葉。伯夷は、周の時代の隠者で、清い心を持った立派な人物とされている。

【スポンサーリンク】

頑廉懦立(がんれんだりつ)の使い方

健太
ともこちゃん。さっき先生に褒められたんだよ。
ともこ
へえ。健太くんは、最近、勉強をがんばっているものね。
健太
そうなんだ。頑廉懦立、ともこちゃんという良いお手本に出会ってから良い方向に変わってきているって褒められたんだ。
ともこ
良いお手本だなんて照れるわあ。

頑廉懦立(がんれんだりつ)の例文

  1. 頑廉懦立、担任の先生が情にあつい先生に変わってから悪ガキだった健太くんは品行方正になりました。
  2. 頑廉懦立、健太くんは、あの空手の先生に指導を受けるようになってからだらしなかった生活を改めました。
  3. 頑廉懦立、健太くんはあの高僧と話すようになってから改心したようです。
  4. 頑廉懦立、健太くんは、清い心のともこちゃんと出会ってから、私利私欲を捨てたようです。
  5. 頑廉懦立、健太くんは最近、いろんなことにやる気を見せているので良い師匠に出会ったに違いない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事