疑心暗鬼【ぎしんあんき】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
疑心暗鬼

【読み方】
ぎしんあんき

日本漢字能力検定
4級

【意味】
心に疑いを抱いていると、なんでもないことまで疑わしく不安に思えてくること。
疑いがつのり何でもないことにおびえるようす。疑いの心が膨れ上がると、何でもないことにも不安や恐れを抱くものである。

【語源・由来】
「疑心、暗鬼を生ず」の略。
「疑心」は疑いの心。「暗鬼」は暗がりに潜む物の怪(け)の意味。そこになにかいると疑う恐怖心が、物の怪の幻影を見せる妄想を生むところからきている。

【類義語】
・杯中蛇影(はいちゅうのだえい)
・草木皆兵(そうもくかいへい)
・風声鶴唳(ふうせいかくれい)

「幽霊の正体見たり枯れ尾花」
尾花はススキの穂をあらわす。疑心暗鬼に陥っていたので幽霊だと思ったが、落ち着いてよく見たら幽霊ではなく枯れたススキの穂だった。ということわざ。

【対義語】
虚心坦懐(きょしんたんかい)

【英語訳】
・Doubts beget doubts.
・Jumping at shadows.
・Suspicion will raise bogies.

【スポンサーリンク】

疑心暗鬼(ぎしんあんき)の使い方

ともこ
ねえ、お風呂に入っている時にシャンプーしていると背後に誰かいるような気がすることない?
健太
あるある! 誰かいると怖いな~なんて思ってると・・・ギャ~~~~~ッ!
ともこ
疑心暗鬼になってると、お風呂も怖いわね。
健太
それで、後ろを確かめるために目を開けるとシャンプーが目に入っちゃって・・・痛いっ!

疑心暗鬼(ぎしんあんき)の例文

  1. 会社の金庫から金が盗まれた。あいつもこいつも怪しく思えて皆、疑心暗鬼にとらわれた。
  2. 浮気してないと言っても、彼女は疑心暗鬼でまったく信じてくれない。
  3. 天井から聞こえる物音を怪奇現象だと疑心暗鬼になり、霊媒師を呼んだが、天井裏にいるネズミがたてる物音だと分かった。
  4. 友達のBちゃんとCちゃんが内緒話をしている。時々こちらを見たりするので、私の悪口を言っているのではないかと疑心暗鬼になってしまう。
  5. あの子は私の彼にも色目を使うので、こっそり連絡を取っているのではないかと疑心暗鬼になり、彼を問い詰めた。
  6. 残業帰りなのに、香水の匂いをプンプンさせて帰ってくる。本当に仕事だったのか疑心暗鬼だ。
  7. 仲間の裏切りを心配して疑心暗鬼になってはいけない。信頼とチームワークこそが、我らの強みなのだから。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事