剛毅果断【ごうきかだん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】
剛毅果断

【読み方】
ごうきかだん

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
意思が強く、物事を思い切ってやること。

【語源・由来】
「剛毅」は意思が強く何事にも用意に屈しないこと。「果断」は物事を思い切って行うことから。

【類義語】
・勇猛果敢(ゆうもうかかん)
・剛毅勇敢(ごうきゆうかん)
・剛毅果敢(ごうきかかん)

【対義語】
・優柔不断(ゆうじゅうふだん)

【英語訳】
decisive

decisiveは「思い切りが良い」という意味の形容詞。
英文例
彼は剛毅果断な人だった。He was very decisive.
【スポンサーリンク】

剛毅果断(ごうきかだん)の使い方

ともこ
健太くん、野球部のスタメンが変わったそうね
健太
よく知ってるね、下級生ですごくバッティングがうまい子がいたんで、監督が決めたんだよ
ともこ
下級生をスタメンに入れるなんて、監督もずいぶん剛毅果断な判断をしたわね
健太
ぼくもそう思うんだけど、実際、よく打つからね。きっと良い戦力になると思うよ

剛毅果断(ごうきかだん)の例文

  1. 長らく低迷していた日本のシンクロナイズドスイミングが、再び世界で戦えるようになったのは、選手たちのたゆまぬ努力に加えて、コーチの剛毅果断な決断と指導があったからだ。
  2. うちの部長は決断力に長けていて、とても頼りになる。困ったことがあって相談すると、剛毅果断に的確なアドバイスをしてくれるので、非常に助かっている。
  3. 私の母は細身で優しそうな印象なので、優柔不断なのかと思われがちだが、実はそうではない。家族に困ったことが起きたら、剛毅果断に判断して、決して迷わない。
  4. うちの進路指導の先生は、相談に来る生徒の適正をよく理解して、わかりやすく指導してくれるのでとても評判が良い。こんなに剛毅果断に指導されたら、なんの迷いもなくなる。
  5. 人生には決断しなければいけない瞬間が必ずある。そうしたときは、剛毅果断に攻めていこう。

まとめ

「剛毅」は意思が強く何事にも用意に屈しないことを、「果断」は物事を思い切って行うことから、剛毅果断(ごうきかだん)は、意思が強く、物事を思い切ってやることを意味する言葉となりました。何事も、優柔不断ではいけません。決めるべきことは、剛毅果断(ごうきかだん)に決めていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事