牛頭馬頭【ごずめず】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
牛頭馬頭

【読み方】
ごずめず

【意味】
地獄の罪人を取り締まる鬼のこと。または、その鬼のように情けも容赦もない人のたとえ。

【語源・由来】
「大智度論」より。仏教の言葉で、鬼が人間の体に牛や馬の頭をしているということから。


牛頭馬頭(ごずめず)の使い方

健太
ともこちゃん。夏休みが終わってしまうよ。宿題がたくさん残っているんだ。手伝ってくれないかな?
ともこ
自分の力でできないなら、先生に白紙のまま出して怒られればいいんだわ。
健太
ともこちゃんは、牛頭馬頭、冷血人間だあ。
ともこ
何を言っているの。宿題を手伝ったら健太くんのためにならないじゃないの。これは優しさよ。

牛頭馬頭(ごずめず)の例文

  1. 新しい監督は、地獄の番人、牛頭馬頭のように情け容赦なくしごいてきます。
  2. 牛頭馬頭の獄卒に追われる夢を見ましたが、何か悪いことでもしたのでしょうか。
  3. 閻魔大王の眷属である牛頭馬頭の像が飾られています。
  4. 健太くんのような素直ないい人を苦しめるなんて、君は牛頭馬頭、悪逆非道な人間だなあ。
  5. 年金暮らしの老人からお金をだまし取るなんて、振り込め詐欺の首謀者は牛頭馬頭だ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事