渾渾沌沌【こんこんとんとん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】
渾渾沌沌

「混混沌沌」とも書く。

【読み方】
こんこんとんとん

日本漢字能力検定
1級

【意味】
入り乱れて明らかでないさま。

【語源・由来】
『孫子』「兵勢」より。もとは、天地がまだわかれていない原初の状態をいう。「渾沌」を強めた四字句。

【類義語】
・曖昧模糊(あいまいもこ)

【対義語】
・明明白白(めいめいはくはく)


渾渾沌沌(こんこんとんとん)の使い方

ともこ
健太くん。今の説明でこの問題を理解できたかしら?
健太
頭の中が渾渾沌沌としているよ。もっとわかりやすく説明してくれないかな?
ともこ
これ以上どうやって説明すればいいのよ。
健太
小学一年生にもわかるような説明でお願い。

渾渾沌沌(こんこんとんとん)の例文

  1. 思春期の頃は、心の中が渾渾沌沌としていてわけもなく荒れ狂っていました。
  2. そのころの日本は、渾渾沌沌とした時代だったのです。
  3. 意識が渾渾沌沌としているようで、まだはっきりと目覚めていません。
  4. 空手部はいろんなタイプの部員がたくさんそろっていて、渾渾沌沌としているから部長はさぞかし大変でしょう。
  5. お酒を飲み過ぎたおじいちゃんは、渾渾沌沌とした意識の中をさまよっているようでした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事